FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年育成条例

東京都の青少年育成条例について思う所を述べさせてもらいます・・・

今、可決に一直線で向かっているこの条例、しかし、反対意見も多いのになぜ、可決されそうなのか。
まず、この法案を知ってる人は絵を描く人がほとんどであって、一般市民にはあまり浸透されていません。
で、反対する人が自動的に絵師などに限られてくるわけですが、漫画家などを卑しい職業だと思っている人が多いせいで相手にはされません。
という悪循環が成り立っています。
確かに、絵師というのは昔、日本にも差別があったころ、卑しい職業だとされていました。
しかし、人々の努力によって、それは認められてきて、ひとつの文化として発達しました。
女性ばかり描いていた菱川師宣も今となっては有名な日本の画家の一人となっています。
実際に可決されたら、どこまで規制されてしまうのかは分かりませんが、
この条例はそうした人たちの努力を無駄にする条例などではないかと少しずれているかもしれませんが、感じてしまいます。

また、表現の自由が日本国憲法によって守られているはずなのに、どうして表現を規制されないといけないのかが私にはわかりません。
子供に見せたくない漫画やアニメは確かに多くあるかもしれません。しかし、それは条例にしなくても、家族間や個人の意思で見てはいけないと自覚して分けてほしいです。


しかし、今の状況から規制は少しはされるべきだとは感じます。
未成年がどうどうとエロ本を買っている今の現状を打破するためにも・・・
だが、そういう規制はエロ本を買うときは年齢確認書をみせるといったそういうものでいいと思います。

一般市民の私ができることはほとんどないかもしれません。
基本的に反対意見はスルーされてしまっている今、権力がある人がこの条例についてじっくり考えておかしいということに気付いてくれるのを待っています。

文章がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、これが私の意見です。

夜にたぶん、もう一回ブログ書く!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。